忍者ブログ

望雲録

のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


フジヤマの身売り(1)

DSCF5562.JPG 日本人が欧米で最も頻繁に目にする日本ブランドと言えば、おそらくソニーの名を挙げる人が多いのではないか。実際の数字を見てみれば東芝や松下、CANONなども負けてはいないのだろうとは思うが、ブランドとしての露出度ということで言うと「SONY」がもっとも目につくように思われる。特にドイツでは自国の自動車産業がまだまだ強力なこともあり、日本車の浸透具合がいま一つなこともあって、SONYの存在感はやはり大きい。ブランド力とは不思議なもので、日本ではあまりかんばしい噂を聞かない同社のノートパソコンも、こちらの電機屋では店員が高品質の製品として薦めてくることが多いと聞く。

DSCF7952.JPG 統一後のベルリンの中心部にはそんなソニーの知名度を支える巨大建造物がそびえ立っている。ビル群を覆うように据えられた傘状の屋根はまさしくフジヤマであり、今や現代ベルリンを象徴する建造物の一つとなっている。
 ソニー・センター・アム・ポツダーマープラッツ(Sony center am Potsdamer Platz)と呼ばれるこのポスト・モダン建築の開発は、東西ベルリン統一直後の1991年6月、ソニーがベルリン市より広場の一角を買収したところから始まる。三菱地所のNYロックフェラーセンター買収に象徴されるように、バブル時代後期にはジャパン・マネーによる海外不動産の買収が大いに話題となっていた。1991年の時点ではまだバブル崩壊が明示的になっていたわけではないので、ソニーの当時の動きもこの文脈の中で捉えられるかもしれない。

 ちなみにこちらの報道ではソニーは「Japanischer Konzern」と称せられることが多い。何より電機屋としてのイメージが強いソニーが「コンツェルン」と呼ばれるのはいささか違和感があるが、この企業の事業範囲の広さを客観的に考えてみれば納得させられる部分もある。

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
Ein Japaner
性別:
男性
職業:
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
三度の飯より政治談議が好きな30間近の不平分子。播州の片田舎出身。司馬遼太郎の熱狂的愛読者で歴史好き。ドイツ滞在経験があり、大のビール党。
[12/16 abuja]
[02/16 einjapaner]
[02/09 支那通見習]
[10/30 支那通見習]
[06/21 einjapaner]

Amazon.co.jp

Copyright ©  -- 望雲録 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ