忍者ブログ

望雲録

のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


正月所感

 ブログをご覧の皆さま、あけましておめでとうございます。

 昨年は、まあ良いことも悪いこともいろいろあった一年でしたが、その分だけ色んな経験し、色んな人に出会えた一年だったと思います。年の初めに立てた目標をどれだけ満たすことができたか、という観点から見ると大赤字ですが(笑)、成長という意味では確実に一年前よりも視野も経験も広がったので、その意味ではまあ良い一年だったと言えるのではないかと思います。

 以前このブログで書いたこともあるかと思いますが、正月のいいところはいったんそこで昨年の成果も負債もリセットした気持ちになれることだと思います。昔と比べると地元も我家もしっかりと正月を祝うという感じではなくなってきて、年賀状やら門松やらおせちやらも段々おざなりになってきました。

 ただ、それでも、地元に帰って思う存分食べて呑んで寝てダラダラした挙句、冴え渡った外気を吸い込みながら上京する時の新鮮な感覚というのは自分にとって大切で、寝正月と言えどもやはり正月の持つ意義は変わらない感じがします。

 今年の個人的なテーマは「積極的忍耐」といった感じです。自分の年齢を考え、日本の現状を考え、周囲の友人達の活躍、活動を考えると、正直色々と焦りを覚える瞬間が多くなってきました。とりわけ、自分がやろうとしていることと今の自分とのギャップはまだまだ限りなく大きく、なんとなくイライラと落ち着きのない毎日を過ごすことが増えてきたような気がします。

 ポジティブに考えれば、焦りとはまだ自分が諦念に支配されていないことの証拠であるはず。この焦りを良い意味でのプレッシャーに変えつつ、我慢強く今の立場で学べること、出来ることを貪欲に吸収していく。勝負をかける瞬間はもう数年先の話なので、その時までに如何に勝負の場を整え、勝負できる人間になっているか。それが大きな課題です。正直、昨年も後半頃から少しずつ運気がうまく旋回し始めたような気がするので、この流れをうまく活かしていければと思います。

 せっかくなのでこのブログについてもいくつか目標を。

 なかなかきついですが、やはり週一度は更新したいと思います。モノを書く能力は定期的なメンテナンスが絶対必要です。継続は力なり。
 あとドイツ関係の話題をもう少しフォローすること。一応毎日ニュースは見てるのですが、その背景をある程度押さえた上でモノを書くのは結構骨が折れるので、少々怠けがちになってしまいました。せっかく2年もドイツに居たのにこれでは勿体ない。
 加えて最近忙しさにかまけて絶対量がグッと減ってしまいましたが、読んでみて印象に残った本や面白かった映画などの個人的感想も書いて行ければと思います。政治の話ばかりだとどうしても全体として堅くなってしまうので。。。

 それでは皆様、今年も何とぞよろしくお願い申し上げます。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
Ein Japaner
性別:
男性
職業:
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
三度の飯より政治談議が好きな30間近の不平分子。播州の片田舎出身。司馬遼太郎の熱狂的愛読者で歴史好き。ドイツ滞在経験があり、大のビール党。
[12/16 abuja]
[02/16 einjapaner]
[02/09 支那通見習]
[10/30 支那通見習]
[06/21 einjapaner]

Amazon.co.jp

Copyright ©  -- 望雲録 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ