忍者ブログ

望雲録

のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


バクマン。

自分、実は結構マンガとかアニメとか好きだったりするんですが、「バクマン。」いいですね!!

NHKでアニメ化されてますが、今週放送話の服部編集員の最後のセリフとかかっこいいです。

「新妻君に勝つつもりで…いや、勝て!絶対に負けるな!」

「はい!!」

何でもいい、「夢」や「理想」を持ってまっすぐ進んでいく人間の姿はどの分野でもいつの時代でも美しいです。現実の重みを前に、「諦念」を「大人であること」と割り切る人間が多い社会よりも、こういうある意味無鉄砲な若者が溢れている世界の方が、本当の意味で「活力のある」社会なんだと思います。

信じるもののためにリスクを取りましょう。今の日本ではよほどのことがない限り路上で飢え死にしたり、斬り捨てられたりすることはありません。「志士は溝壑(こうがく)にあるを忘れず」という時代と比べると、相当リスクが低くなっているのは間違いないです。失敗しても何とかおまんまにはありつけます。

こういう多少汗臭い要素のあるマンガがまだ受け入れられる土壌があるというのは、結構勇気づけられる思いがします。

不器用に、汗臭く、見苦しく、泥中をもがいて力を惜しまない。そういう若者が集まれば、きっと何かが変わるはずです。変わらなければ、この国に未来はありません。みんなで、リスクを取って、変わりましょう。変えましょう。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

同様に熱い漫画として、「宇宙兄弟」がおすすめです。
帰国した際にはまた飲みましょう。

TRACKBACK

Trackback URL:
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
HN:
Ein Japaner
性別:
男性
職業:
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
三度の飯より政治談議が好きな30間近の不平分子。播州の片田舎出身。司馬遼太郎の熱狂的愛読者で歴史好き。ドイツ滞在経験があり、大のビール党。
[12/16 abuja]
[02/16 einjapaner]
[02/09 支那通見習]
[10/30 支那通見習]
[06/21 einjapaner]

Amazon.co.jp

Copyright ©  -- 望雲録 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ