忍者ブログ

望雲録

のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ニュルンベルク~ゲルマンの都(3)

 19世紀から20世紀初頭にかけてのニュルンベルクは産業革命の寵児となった。この時代ニュルンベルクは急速な工業化を果たし、大戦前の人口は33万を数え、19世紀初頭に比し実に15倍に膨れ上がった。ちなみにドイツで初めて鉄道が開通したのは1835年、この街においてである。

 経済的復活を背景にニュルンベルクではかつての自由な都市の気風を取り戻し、1848年革命の際もフランクフルト国民議会への積極的な支持を表明した。中にはこの街の歴史的な意義を説き、統一後のニュルンベルクをドイツの帝都とするべ450px-Nuernberg_gnm_haupteingang_v_sw.jpgきだと主張する者もいた。ちなみにこの貴族(フォン・アウフゼッツ250px-Essenwein-1884-germ-nat-museum-ausbau-sw.jpg卿)は、ニュルンベルクに「ゲルマン博物館」を設立したことで知られている。変転を続けながら現在まで存続しているドイツ最大規模の国立文化博物館である(右は設立時、現在それぞれの写真)。


 ナチスが初めてニュルンベルク史に登場するのは1927年、この街で草創期のナチス党大会が開催されたころである。ヒトラーがミュンヘン一揆後の拘禁から解放されたのが1925年の冬のことであるから、ヒトラーは権力掌握のかなり以前からこの街の地理的、歴史的な重要性に注目していたといえる。急速な経済発展によって繁栄を享受したニュルンベルクは、その重要性ゆえに、ナチス発祥の地ミュンヘンから権力の中枢ベルリンに至る「橋渡し」の役割を担わされることになった。

plakat_adler.jpg 実際、ニュルンベルク近郊はナチスの強固な政治基盤としての役割を果たしていたし、ニュルンベルクは何より神聖ローマ帝国の中枢としての重厚な伝統を背負っていた。この地はドイツ帝国(Reich)の系譜を継ぐ「第三帝国」の成立を国内に喧伝するにふさわしい歴史的背景を有していたわけである(左はニュルンベルク市を取り上げたナチスの宣伝ポスター。)。

 1933年のヒトラー首相就任直後の8月、ニュルンベルク南東部の180px-Reichsparteitag_1935.jpgDutzend池周辺で「勝利の帝国党大会(Reichsparteitag des Sieges)」と銘打ったナチス初の本格的な党大会が開催された。もとは保養地として発達したこの地域には、以後、党威発揚のための舞台装置として大規模な建築物が次々と建立され、第二次大戦の開始される1939年まで、毎年定期的に党大会が開催された。最盛期にはドイツ全土から百万人を超える党員が集結し、ナチスとヒトラーの栄光を称えた。

 ここにナチスとニュルンベルクは歴史的に固く結び付けられた。Die Stadt der Reichsparteitag(帝国党大会の都市)の誕生であった。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
HN:
Ein Japaner
性別:
男性
職業:
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
三度の飯より政治談議が好きな30間近の不平分子。播州の片田舎出身。司馬遼太郎の熱狂的愛読者で歴史好き。ドイツ滞在経験があり、大のビール党。
[12/16 abuja]
[02/16 einjapaner]
[02/09 支那通見習]
[10/30 支那通見習]
[06/21 einjapaner]

Amazon.co.jp

Copyright ©  -- 望雲録 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ