忍者ブログ

望雲録

のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ウンテル、デン、リンデンの光芒(2)

第二次大戦による破壊の後、この地域は東側陣営の占領下に置かれた。歴史的建造物が再建される傍ら、ソ連大使館など東側陣営の権威を象徴する建物が建設された。そしてベルリンの壁はブランデンブルク門を境界としてこの通りの西端を塞ぐ形となった。
 壁の崩壊後、この通りは西側資本による再開発が急速に進展し、今や再び統一ベルリンのメイン・ストリートとしての地位を取り戻しつつある。逆に、西ベルリンの中心的目抜き通りであったクーダムKurfuerstendammは、本家に若者をとられた形となり、かつての繁栄を失いつつあるという。

 夕暮れ時の街路は人通りも盛んで活気にあふれていた。周辺ではまだ工事現場が散見され、引き続き開発が進められている。ベルリンは今も変化し躍動し続けている。
工事現場の一画に以下の文章が打ちつけてあった。

DSCF5638.jpg「ベルリン人には二つのタイプがある。片方はベルリンに生まれてそれを自明のことだと思っている人。 もう片方は、私はたまたまこちらの側だが、自分でこの街を選んだ人。そして私も含むこちら側の人たちは、自分を幸せだと思っている。私たちには、生れながらのベルリン人がなんで不機嫌だったり好戦的だったりするのかよく分からない。世界一の街に住んでることに勝る幸福があるとでも言うのだろうか。」

 Harald Martensteinは高名なジャーナリストらしい。重機の作業音の中でベルリンという街の数奇な運命を鑑みる時、この何気ない文章ですら、何か不思議な詩情を帯びてくるように思われた。苦難を背負った経験のあるものだけが放つ香気とでもいうべきものだろうか。

 私はベルリンの中で、この界隈が一番気に入ったようである。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

米国で見るベルリンの壁

小生がこの夏に滞在している米国ミシガン州にあるG・R・フォード・ミュージアムにおいても、入り口に、畳二畳ぶんほどのベルリンの壁の一部が展示され、脇には以下のような説明が付されていました。

"The Berlin Wall stood, a hated symbol of oppression, until it was breached in November 1989. By then the Soviet empire was in ruins, and the Cold War decisively won by the West. This section of the original wall is a gift to the American people who, for nearly 40 years, supported for independence for eastern Europe."

ひとつの壁を巡る国際政治というドラマにおいて、やはり登場人物の立場によって、同じコンクリートの物体に見出す意味というのはそれぞれ違うんですね。

>米国で見るベルリンの壁

コメントありがとうございます!アメリカの壁に対する見方が非常によく伝わってくる一文ですね。例のケネディの演説などはこちらの博物館でも紹介されてました。また機会があれば記事を書きたいと思います。

TRACKBACK

Trackback URL:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
HN:
Ein Japaner
性別:
男性
職業:
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
三度の飯より政治談議が好きな30間近の不平分子。播州の片田舎出身。司馬遼太郎の熱狂的愛読者で歴史好き。ドイツ滞在経験があり、大のビール党。
[12/16 abuja]
[02/16 einjapaner]
[02/09 支那通見習]
[10/30 支那通見習]
[06/21 einjapaner]

Amazon.co.jp

Copyright ©  -- 望雲録 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ